トリニティーラインを販売している大正製薬ってどんな会社?

 

トリニティーラインを販売しているのが、大正製薬のグループ会社「ドクタープログラム」です。

 

「トリニティーライン」はモンドセレクション最高金賞を8年連続受賞し、累計397万個も販売実績がある大ヒット商品です。

 

ではこの「ドクタープログラム」という会社はどういう会社なのでしょうか?

 

少し気になりますよね?

 

なのでここではトリニティーラインを作っている「ドクタープログラム」について調べてみました。

 

トリニティーラインを作っている「ドクタープログラム」とはどんな会社?

 

鷲のマークで有名な大正製薬ですが、あまり化粧品のイメージはないですよね。

 

大正製薬といえば、「リポビタンD」、風邪薬の「パブロン」、育毛剤の「リアップ」などが有名です。

 

【ニュース】大正製薬、ドクタープログラム買収、通信販売事業とスキンケア強化

「トリニティーライン」は、キョーリン製薬ホールディングス株式会社(東京都千代田区)のグループ会社で化粧品通信販売事業を展開していたドクタープログラム株式会社(東京都渋谷区)がセラミドのナノカプセル化技術やデリバリー技術などに精力を注ぎこんで開発した機能性基礎化粧品。キョーリン製薬ホールディングスは、グループ会社ドクタープログラムが機能性基礎化粧品「トリニティーライン」を中心としたスキンケア分野を主軸に事業展開しており、その販売経路のほとんどが通信販売で推し進めてきた。しかし、キョーリン製薬ホールディングスは、本業である製薬事業との相乗効果が出にくいと判断、基礎化粧品事業の売却を決定した。その上で大正製薬は、2016年12月にキョーリン製薬からドクタープログラムを買収してグループ会社化したもの。ドクタープログラムの株式の取得価額は、非公開。株式譲渡は、今年4月1日になされた。現在、トリニティーラインの事業は、大正製薬の手に移っている。

という記事がありました。

 

そうなんです!「トリニティーライン」はもともとはキョーリン製薬の商品だったんです。

 

大手製薬メーカーが長年開発してきた商品を大手製薬メーカーが受け継いだのですね。

 

これは本当に安心の商品だということがわかります。

 

「トリニティーライン」はただいま半額キャンペーン中!

 

そんなトリニティーラインですが、なんと今キャンペーン中なんです。

 

それもなんと通常価格の半額で手に入る安さなんです!

 



詳しくはこちらへ>>>トリニティーラインは半額キャンペーン中!?お得に買う方法とは