もう一つのトリニティーライン鎮とは!?|注目点と使用感について

もう一つのトリニティーライン鎮とは!?|注目点と使用感について

 

 

トリニティーライン 鎮は隠れ炎症に効果的

 

自身では認識していないもの慢性的に肌が炎症をもたらしている状態である「隠れ炎症」をご存知でしょうか。

 

年齢がまだ若い頃は自力で改善できるものの、老化とともにこの見えない炎症が悪化し、その代償が残ってしまい、シミやしわ、くすみなどが蓄積してしまう可能性もあるのです。

 

そんな「隠れ炎症」を早い段階で改善すべく、大正製薬のグループ会社が独自の最新式のスキルを駆使して、生み出されたのがトリニティーラインの「鎮」です。

 

 

トリニティーラインの鎮とは?

 

大正製薬は製薬会社として、長期間加齢と炎症に関連した研究を続けてきました。

 

加齢とともに衰えていく肌に向けて、新しい要素をプラスして表面的な若々しさを蘇らせるエイジングケアとは異なり、肌自体が衰えないようにするエイジングケアこそが、トリニティーライン鎮の真骨頂です。

 

 

トリニティーライン 鎮の注目点

 

・「グリチルリチン酸ジカリウム」という肌が荒れるのを阻止する抗炎症成分を贅沢に使用しているので、炎症を沈静化することが望めます。
・最新技術である「ナノセラミドデリバー」により、保湿効果の高い「セラミド」を肌の奥底まで提供し、肌を外部からの刺激から守ります。
・水を一切使用しておらず、「酵母エキス」が内容量の70%も占めているため、プリプリの肌へと導いいてくれます。
・「テロサイド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「植物エキス」などをふんだんに使用しているので、肌に透明感を与えてくれます。
・無着色・無香料・アルコールフリー・パラベンフリー、なのでお肌に優しい
(アレルギーテスト、パッチテスト済みですが、アレルギー反応が誰にでも起こり得ないわけではありません。)

 

トリニティーライン鎮は、肌の内部の気づかない炎症をしっかり抑えて、すでにある肌トラブルなども改善させ、老いた肌を若々しいハリのある肌へと導いてくれます。

 

 

トリニティーライン鎮の使用感

 

トリニティーライン鎮は、老化とともに乾きやすくなる肌に、シミやしわなどをさりげなく作り続けてしまう「隠れ炎症」を鎮静化してくれるクリームです。

 

弾力のあるジェルに近いテクスチャーで、オールインワンジェルクリームのような使用感で、肌への負担も少なく済むので初めての方でも安心です。

 

肌に優しい分、保湿力がもっとあったらいいのにという声もあるようですが、その場合は他の化粧品と並行してもいいと思います。

 

ジェルクリームのようなテクスチャなので、慣れない方にとっては多少重い感覚があるかもしれません。

 

しかし、慣れてしまえば重さは特に気にならず、余計な固まりにもならないのもありがたいです。

 

継続して利用することでより効果を実感することができるのはこの化粧品に限ったことではないですが、使用を開始して間もない段階でも、ニキビの赤みやもくすみなどが目立たなくなった方も多いようです。

 

ただやはり、化粧品を次々変更せずに、なるべく継続した上で効果の良し悪しを判断することがオススメだと言えます。

 

 

 

 

 

トリニティーライン公式サイト